メニュー

こんな症状でお悩みですか? - 市原市の整体院 はたの整体(羽多野整体)

はたの整体(羽多野整体)
0436-74-2756

初めての方へ

こんな症状でお悩みですか?

どこに行ってもよくならない、そんなお悩み、ありますよね。 肩こり、腰痛、膝痛など様々な症状がありますが、当院の施術で解消していきましょう。

肩こり

■肩こり大丈夫ですか?

肩こりは頚椎のズレが原因と思われます。

頚椎5番、6番が出っ張ったり、左右にズレている方が多いです。

首の上の方のコリは、頚椎2番が出っ張ったりしている方が多いです。

 

■頭痛ありませんか?

首の後ろのハリは目がショボショボしたり、頭痛の原因になることがあり、ひどくなると 吐き気やお腹がムカムカすることもあります。


■施術方法は?

頚椎が出っ張っているもの、左右にズレているものを正常な方向へ押し、足を引き揃えます。(そんなに強く引っ張るわけではありませんが骨がそろいます)

すると施術後には少しほぐすだけで、ほとんどの方にスッキリしたと言っていただいております。

肩こり

腰痛

■腰痛つらいですよね。大丈夫ですか?

腰椎のズレが原因で、腰椎が出っ張っているもの、引っ込んでいるもの、左右にズレて いるものと様々です。もちろん、全てそろえていきます。

 

■お尻が痛くないですか?

でん部が痛い方は骨盤の一部である仙骨がずれていると思われます。もちろんそろえますよ!

お医者さんに行くと座骨神経痛と診断されるかもしれません。第4,5腰椎が原因と言われるかも!

 

■太もも後ろの内側は痛くないですか?

尾骨が曲がっている可能性があります。

 

■太もも外側、鼠径部が痛くないですか?

股関節が原因と思われます。

 

■股関節を開くと痛いですか、それとも内側へ膝を入れると痛いですか?

股関節ももちろん施術できます。

ストレッチで開きすぎて痛くなる方もいらっしゃいます。

気を付けましょう。

腰痛

背中痛

■肩甲骨の内側が痛いですか?

自分で、痛いところばかり強くもんでいませんか?

もんだ時は気持ちいいけど、実はあまり良くなかったりします。

骨が余計にずれることがあります。

注意しましょう。

 

■どうすればいいのか?

胸椎が右または左にズレており、両方 痛む時は、出っ張り、または陥没している場合があります。

胸椎をそろえれば、大丈夫です。

背中痛

ヒザ痛

■膝が痛いですか?

原因は、腰椎、股関節、尾てい骨と様々です。慎重に原因を見つけていきます。

 

■正座ができないですか?

こちらで施術を受けてから、お風呂で少しずつ正座をしていってください。

きっと良い結果になるでしょう。


■膝の関節が減っていると診断されましたか?

原因の骨(股関節、尾骨、腰椎)を正常な位置に戻せば、楽になります。

正座ができなかった方が正座ができるようになったと、お喜びの声をいただいております。

ヒザ痛

股関節痛

■鼠径部が痛いですか?

原因は股関節自体の微妙なズレが考えられます。

当院では、股関節が本来の位置に戻るよう施術を行ないます。

施術後は脚が軽くなった、脚が開く、モモが上がるなど、お喜びの声をいただいております。

 

■股関節を開くと痛いですか?それとも内側へ膝を入れると痛いですか?

開くと痛い方は開くように、足を上げると痛い方は上がるようにします。

ストレッチで開きすぎて痛くなる方もいらっしゃいます。

気を付けましょう。

股関節痛

捻挫

■試合が近いですか?

骨が突出した部分を正常な位置に戻すことにより、 痛みを和らげ、乗せられなかった体重が乗せられるようになります。

他の治療院に行くと、固定して何週間も動けない場合もありますが、当院での施術後はたい てい数日間で痛みが治まります。

試合が近い、急いで動けるようになりたい、という方におすすめです。

捻挫

坐骨神経痛

■お尻(でん部)が痛いですか?

腰椎から出て仙骨の横を通り太ももの裏を通る坐骨神経というかなり太い神経があります。

腰椎4番、5番のズレ、仙骨のズレが原因と考えています。

おしりからモモの裏、ひどい時には足の先までしびれる時もあります。

 

 ■どうすればいいのか?

腰椎4番、5番、そして仙骨のズレを正常にすることにより、痛みが取れて楽になったと多くの方にお喜びの声をいただいております。

坐骨神経痛

四十肩・五十肩

肩の痛みは、肩の関節そのもののズレと頚椎の曲がりが原因の場合があります。

 

肩の関節そのもののズレとは、脱臼まではいきませんが、その手前の微妙なズレのことで、

それをそろえると痛 みは取れ、回りづらかった肩も回りやすくなります。

 

頚椎の曲がりが原因の場合は、もちろん、頚椎をそろえます。

四十肩・五十肩